病棟

早めに検査する必要がある脳梗塞【生死に関わる大きな病気】

定期的な検査

看護師

脳ドックが人気

脳梗塞は、人間の脳の部分にある血管が詰まってしまったり、出血をしてしまったりして脳内の細胞が壊死をしてしまい結果的に人の生死にかかわってくる病気です。自覚症状が少なく、またいきなり襲ってくるのが脳梗塞の怖いところでもあります。そんな脳梗塞にならないように予防的な検診として人気があるのが脳ドックです。脳ドックでは脳梗塞を含めて、頭部の中で起こる病気を早期に発見することができることができる手段として人気があります。健康診断の際に脳ドックを行うことも多くなっていて、受診する人も増えてきています。かつては、費用が高額であり受診する人が少なかったのですが、補助のおかげや技術の進歩によって安くできるようになってきています。

違和感を感じたら

脳梗塞の恐ろしいところはいきなり襲ってくる可能性が高いというところです。しかし、血圧に関連していることが多いために普段の生活習慣から意識をしておくことが大切になります。脳梗塞になりやすい要因としては高血圧であったり、糖尿病であったりがリスクとなるためにこうした病気を持っている人は定期的な検診を受けておくことが大切になります。また、初期症状があらわれたときにはすみやかに医療機関に受診をすることが大切になります。脳梗塞の場合、初期症状として頭痛や視覚の異常などが現れるケースが多くあります。こうした症状があらわれたときには脳梗塞が疑われるケースがあるので速やかに医療機関を受診して、検査してもらうのがよいです。

体調不良を感じたら

男の人

新宿にある内科は数が多いので、自宅から通うのが苦ではない距離の病院を探して予約を入れましょう。病院によっては待ち時間に差がありますから余裕があるならば病院の評判などもチェックしてから通った方が良いかもしれません。

View Detail

乳がんの検診

女性

年々、乳がんに罹る人は増えていますが、早期の状態でがんを発見することができれば治癒率が高くなるといわれています。乳がん検診の画像診断検査には、マンモグラフィ検査と超音波検査があります。それぞれ長所と短所があり、自分に適した検査方法はどちらなのかを理解したうえで検診を受診する必要があります。

View Detail

Recommended Links

  • わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

    ろれつが回らなくなってしまう可能性もあります。脳梗塞の改善を行なうためにも、食習慣を見直すことが大切ですよ。
  • JOH&PARTNERS

    病気は早期発見がとても大切です。大阪で健康診断をするときにはここがおすすめです。大学病院と提携しています。

大腸に起きる炎症性疾患

患者

潰瘍性大腸炎は日本でも患者数が増加している難病で、自己免疫が異常をきたして腸を攻撃することにより腸が傷付いて潰瘍やびらんが発生します。特徴的な症状は血便や下痢で、症状が重度になるにつれて発熱や貧血が起こります。完治が難しいので、早めに病院で診てもらって治療を行うと良いです。

View Detail